忍者ブログ
東洋に伝わるサバイバルの智慧を毎日の生活に取り入れてみませんか? もっと楽しく♪ もっと幸せに♪ 現代を生き抜くヒントをお届けします!
〓 Admin 〓
<< 03   2020 / 04   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     05 >>
[59]  [58]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [48]  [47]  [46
5月10日(日)に阿佐ヶ谷のカフェemojiひねもすのたりemojiにて、

emoji開運カフェemojiが開催されましたemoji



東京での第2弾ということで、前回と同じスタッフの皆さんと、

中国茶コーディネイターのemoji田中友美emojiさんとのコラボで、

またemoji開運emojiをキーワードにお話しさせていただきました。


今回のテーマは、

emoji五月病を吹き飛ばせ!運命学で、自分を活かすemoji

ということで、行動生態運命学を使って、どのように

自分の得意な部分を伸ばし、足りない部分を補っていけば

いいのかを具体的に説明しました。



このように映画の撮影プロジェクトを例にあげながら、

5つのコアタイプ別の得意な役割をご紹介emoji



お友達同士で参加してくださった方も多く、

結果を見せ合ったりしつつ、みなさん熱心に耳を傾けてくださいました。


それから、自分は役割意識が強いのか、それとも目的意識が強いのか?

という観点から、今の職場やチームでどうすれば自分の性質や能力を

もっと活かせるのかをご説明emoji


そして、ある方の命式を具体例としてお見せしながら、

命式から分析できることを簡単にご紹介しました。


みんなそれぞれ違っていて、得意なことも不得意なこともあるけれど、

どれが正しいとか、間違っているとかはなく、

足りないところは補い、全体の流れやバランスを整えることで、

誰にでも本来の自分をもっと活かして、輝いて生きられることemoji

そのことをみなさんにお伝えして、前半のレクチャーが終了emoji




後半は、2つのグループに分かれて、グループセッションと

田中友美さんのお茶コーナーがSTARTemoji

おいしいお菓子とお茶をいただいて、和やかに会話も弾みますemoji



グループセッションでは、1人ひとりの参加者のみなさんの

命式を拝見しながら、それぞれに個別アドバイスを行いました。

なんで、こうなっているのかemoji

じゃあ、どうすればいいのかemoji

この2点がすっきりとクリアになる行動生態運命学は、

普通の占いとは一味もふた味も違って、とっても実用的で

日常生活の様々な場面で役立てることができる学問なのだと

少しでも実感していただけたなら嬉しいですemoji


当日参加してくださったみなさんemoji

お忙しい中、足を運んでくださって、真剣に熱心に

耳を傾けてくださって、本当にありがとうございましたemoji

また別のテーマで、第3弾、第4弾もお届けしたいと思って

おりますので、よろしければまたお越しくださいねemoji


前回に引き続き、素敵な中国茶の魅力をご紹介してくださった友美さんemoji

企画から運営まで、1人何役もこなして大活躍のあやっぺemoji

当日、影となり日向となり支えてくださったしほっぺemoji

みなさんのおかげで、このような形でまた行動生態運命学を

知ってもらえる機会を実現させることができて幸せでしたemoji

これからも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
にほんブログ村 

拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
YUMIKO
性別:
女性
自己紹介:
オリエンタル・ライフ・カウンセラー
レイキ・ヒーラー         

日常生活の中で起こったことや、
ふと目にしたニュースなどから、
感じたことを綴っています。

一緒にささやかなハッピーをみつけましょう☆

香港、上海、日本で行動生態運命学に基づく
カウンセリングを行っています。

自分の人生を自由自在に歩んでいくために、
「あなただけの人生のマニュアル」
を手に入れてみませんか?

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
http://orilic.jimdo.com/




P R
フリーエリア
Copyright(c) しあわせの道しるべ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]